『5月病』は突然やってきます!

新年度を迎え、やる気にあふれていた4月が過ぎると一転、なんとなくだるい……などなど、人によっては調子が悪くなってしまう「五月病」というやつがそろそろやってきます。今回は、そんな五月病にありがちな症状と、その対処法を考えてみました。

寝すぎ。。。

仕事や学校、用事がない日は、いつまででも寝れる。「もうお昼か……」なんて思いながらスマホをいじっているうちに気付けば二度寝。結局、やろうと思っていたこともしないまま自己嫌悪に陥る。。その繰り返し。。。

そんな場合は、

『とにかく手を動かす!!』

一週間の予定と目標を書き出してみるのがオススメです!
「ハガキを出す」「公共料金を支払う」などのTO DOリストは、実行して線で消していくと、気分がすっきりします。色付きのペンやシールで手帳をかわいくデコってみてもテンションが上がるかも。パソコンやスマホを使うより、紙に何か書いてみるだけで、自分の力で前に進めている感じがするはず。

ダラダラ食い。。。

おなかが空いているわけでもないのに、いつでも何か口に入れている状態。でも、何を食べてもやる気はそんなに出ず、逆に体が重い感じがする……。「あ〜今日も体に悪いことした。。。」と思うと、ダイエットのモチベーションも下がるばかり。

そんなときは、
『お菓子作り』はいかが?

ヘルシーなスイーツのレシピを検索して、買い出しに行くだけで、新しいことに挑戦するワクワク感が湧きます(^^)

腰を上げるまで面倒くさいけど、キッチンに立つのは、意外とリフレッシュになります。手作りのお菓子なら、体が何を欲しているかにも気付けて、体質改善にもなり、一石二鳥かも。

 

メイクが手抜き

ギリギリまで寝ていたいという気持ちや出かけてもどうせやることなんてないという気持ちに押されて、おしゃれする楽しみがいつの間にかどこかへ……。

「髪はそのままでいいや」「リップもいいや」と手を抜いているうちに、鏡に映る、冴えない自分の顔を見てテンションが落ち、自信もなくなっていくという負のスパイラルに。
そんなときに手っ取り早いのは、
『美容院』に行くことです。
お金をかけてトータルメンテナンスしなくても大丈夫!大切なのは、美容院という空間に自分の身を置くということ。いつも読まないような雑誌を手に取ってみたり、美容師さんとの世間話やを楽しんだり……1時間程度でもそんな風に過ごしているだけで、気分がスッキリします。
また、プロに整えてもらってキレイになれるから、お店を出る頃には美意識も高まってくるはず♪
美容院は身近な異世界。気分が塞いだら、活用してみて(^^)

 

SNS見すぎ

必要ないのに見てしまう、instagramやTwitter、FacebookなどのSNS。有益な情報収集になるならまだしも、鬱々すると、なぜかネガティブな投稿ばかり目に入るんですよね。
きっとあなただけじゃなくて、五月病ぎみな人が世間的にも多いからでしょう。そんなみんなのネガティブの影響で、さらに気分が落ちてしまったり……。
頭もごちゃごちゃになるし、目も疲れる、集中力はなくなる、SNSの見すぎは百害あって一理なしです。
そんなときは、同じスマホをいじるでも、いつもの惰性でSNSを開くのではなく、方向性を切り替えて!
イベントや展覧会、ワークショップなどの情報を集めて、興味があるものには、思い切って足を運んでみる!新しい出会いも期待できるし、ポジティブな情報をインプットすると、エンジンが掛かります。

素敵な5月を迎えるために!

やる気があった時期とのギャップで、罪悪感をもってしまうことが何よりも毒。
気張り過ぎずに自分のペースで来たる『5月』に備えて、瞬間を楽しんでいきましょう♪