帰宅後22時以降に夕食を摂り、その直後に寝る人も少なくない現代。皆さんも心当たりがありませんか?この時間のご飯は「夕食」ではなく、もはや「夜食」です。「就寝直前に食べることは身体に良くない」と言い古されているものの、夜食生活を送ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

牛丼 素材

今回は、寝る前のご飯が何故NGなのか、その理由を3つに分けてご紹介します。

就寝前の食事がNGな理由その1

22時 素材

人は内臓の温度である深部体温が下がることで身体が眠りの準備に入ります。一般的に22時以降に深部体温が下がり副交感神経が優位になって眠りモードのスイッチが入るといわれますが、ここで食べ物を食べてしまうと胃腸などの消化器官が食べたものを消化しようと動き出すので、せっかく下がり始めた深部体温が上がってしまうのです。
すると、当然スムーズな入眠が妨げられ、「眠れない夜」を招いてしまうことに。特に消化に時間がかかる肉類や加工食品は消化器官への負担が大きく、夕食には不向きな食材なので、極力避けるようにしましょう。

就寝前の食事がNGな理由その2

朝食や昼食に比べ、夕食以降は活動時間が短いので、夜はエネルギーを消費する量が必然的に少なくなります。夕食の時間が遅れれば遅れるほどエネルギーは消費から蓄積に変わるので、当然肥満になりやすくなってしまいます。とはいえ、逆に空腹過ぎても交感神経が優位になり快眠を妨げるといわれているので、我慢のし過ぎもかえって眠りの質を低下させる原因になるようです。セロリやパセリ、タマネギ、三つ葉などに含まれる香り成分はリラックス効果を促す働きがあるので、これらの野菜を用いたサラダやスープを摂るのはとてもオススメです♪

就寝前の食事がNGな理由その3

糖質を脂肪に変える働きがある時計遺伝子の一つである肥満遺伝子「BMAL1」は、21時以降に分泌量が上昇するので、「夜食=太る」という方程式が出来上がってしまいます。どうしても残業で遅くなる場合は、食事を2回に分ける「分食」を取り入れると良いでしょう。18時頃に炭水化物などしっかりお腹に貯まるものを摂り、帰宅後はおかずやサラダ、スープだけで食事するのが理想的といえます。
遅い時間のガッツリとした食事は、眠ろうとする体のメカニズムを狂わせ、睡眠の質を下げてしまい、睡眠中の体内メンテナンスが行われない結果になります。日々の快眠から健康を得るためには「何時に夕食を食べるのか」が、非常に重要なポイントになるということを意識して生活してみてください。

いかがでしたでしょうか?

私も尊敬するお医者様に夜22時以降は『栄養物を入れないように!』と言われ、意識したことで体重も明らかに減少が見られ、よく眠れるようになり、スッキリ目覚められるようになりました。経験者は語るです。

是非、お試しください。