近頃ここ久留米でも、スーパーやドラッグストア、美容室などの商品PRに『オーガニック』という言葉が使われているものを見かけませんか?

『オーガニック』と聞くと、なんとなく体に良さそうというイメージがあっても実際にその意味について正確に知る人は少ないようです。

今回はこの『オーガニック』という言葉の意味を追ってみましょう。

『オーガニック』=有機栽培?

オーガニック(organic)の意味を英和辞典で調べると「有機の」という意味が出てきます。有機(物)とは無機(物)の対義語で「炭素」を含む物、生物だけが作り出せる炭素の化合物という分類で使われる言葉です。

簡単にイメージするなら「焦げたりする物」「腐ったりする物」という捉え方で良いと思います。

農業における「有機」は主に肥料に使われる「堆肥」を指します。「堆肥」とは微生物の力で有機物を完全に分解した物で、原料は色々あります。一番多いのは家畜の糞を原料にするものです。他にはコンポストなどを用いて作られる生ゴミ堆肥や有機廃棄物(米ぬかや畜糞など)ともみがらを合わせて発酵させるもみがら堆肥などもあります。もともとはそういった有機物を肥料として用いた栽培方法に対して『オーガニック』という言葉が使われていたのですが、今は、純粋な有機肥料を用いた栽培方法という意味のほか、化学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない栽培方法も合わせた意味で広く使われるようになっています。

『オーガニック』を名乗るためには農林水産省の基準を満たす必要がある!

『オーガニック』を名乗るために設けられている基準は世界各国様々です。日本では例えば食品に関しては農林水産省が基準を設け、それを満たさないと『オーガニック』という表示ができません。基準は細かく設定されていますが、現在の日本では有機JAS制度で『有機農産物』とされる大まかな定義は以下です。

* 化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける。
* 遺伝子組換え技術を利用しない。
* 播種(はしゅ)または植付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産されたもの。

オーガニック表示=全てが認定された物ではない?

農林水産省の登録認定機関の検査を受けて合格した物だけが認定マークを付けて、『オーガニック』という表示を許可されます。

こちらのマークを商品に表記するためには様々な条件をクリアし、基準を満たす必要があります。有機JAS制度での表示の規制は「商品そのもの」に対してのみです。

『オーガニック』=無農薬ではない

スリランカ 畑

有機農作物の定義で「化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける」とあるため「オーガニック=無農薬」という認識を持たれがちですが有機認定される栽培方法の中で農薬の使用自体は認められています。同じ働きをする農薬でも、天然原料によるものはOKで化学合成されたものはNGという考え方のようです。微生物を有効成分とする殺菌剤など、「有機」表示のできる農薬が指定されています。また「有機栽培」は農薬の成分も全てが「有機」というわけではなく、天然原料であれば「無機物」も含まれます。

オーガニック表示=全てが認定された物ではない?

JASマーク

農林水産省の登録認定機関の検査を受けて合格した物だけが認定マークを付けて『オーガニック』という表示を許可されます。

引用:農林水産省公式サイト
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

いかがでしたでしょうか?

今後、お買い物中に『オーガニック』という言葉を目にしたら少し見方や感じ方が変わるのではないでしょうか?

私自身、言葉の意味を知ると実際、使う時の意識が変わると思いまし、人に知識として喋れば会話も広がると思います。

少しでも皆様の生活の知恵になれば幸いです♪