「私、太りにくいっちゃんね~」

こういうこと言う人、周りにいませんか?

「ただ食べてないけんやろ!」とツッコミたくなるものです。

でも実は最近、

「太りやすい人」と「太りにくい人」

の違いが判明したようです・・・

『ヤセ体質』というものが実在したのです!

食べても太りにくい人、逆に食べたらすぐ太ってしまう人・・・

その違い、

実は『腸内フローラ』にあったんです!

腸内フローラは近頃、雑誌やテレビでも取り上げられ、一気に注目度が高まっています。

驚く方も多いかもしれませんが、体内には『デブ菌』や『ヤセ菌』というものがいるそうです。

デブ菌はファーミキューテスと呼ばれる細菌で、腸で消化が終わり本来は体外に排出すべきものを体内に溜め込んでしまう菌です。

ヤセ菌はバクテロイデスと呼ばれる細菌で、脂肪細胞や筋肉に余分な脂肪の蓄えを抑制したり、脂肪を燃やして肥満を予防してくれる菌です。

つまり、この『デブ菌』が多いと「太りやすい体質」になります。

ですが『デブ菌』を無くすというのはよくありません。

大事なのは『ヤセ菌』とのバランスなのです。

つまり、今までダイエットといえば

『キツい運動』や『食事制限』

なんかが一般的でしたが、諸悪の根源は そこではないということです。

腸内環境を整える。ズバリ、これが一番の『ヤセ体質』への近道です!

デブ菌とヤセ菌のバランスが大事なのはなんとなく分かってきましたが、一体どのようにバランスを整えたら良いのでしょう?

デブ菌痩せ菌比率

実はよく耳にする◯◯と◯◯が重要になってくるのです。

それは…

「乳酸菌」と「酵素」です。

この2つを効率良く摂取することが重要みたいです。

すると腸内の菌のバランスがうまく保たれ、

「痩せ体質」

になれるわけです!

積極的に『乳酸菌』と『酵素』を摂取しましょう!

因みに私は、少し前にTVで見た『きゅうり』ダイエットを実践中です!

きゅうりを食べることで『ホスホリパーゼ』という『酵素』が体内で脂肪を分解し、代謝を上げる役割をしてくれるらしいです♪

今の所、2kgほど落ちましたし、効果を少し実感してます。

何より“楽チン”です笑

皆様も是非!