そろそろ乾燥の季節でしょうか・・・

近頃、カサつくお肌に悩まされている人も多いのでは?

かゆみやシワの原因にもなる乾燥肌を撃退し、しっとりツヤのあるたまご肌を保ちたい!

そのために保湿しなくちゃいけないのはわかっているけど、具体的にどうすればいいの?

肌トラブル対策のために必ずと言っていいほど取り上げられる『保湿』

保湿と言えば、通常、肌の水分を保つ役割を担うセラミドやコラーゲン等がありますが、スキンケア商品には必ずと言って良いほど含まれている効果のひとつです。
しかし、ただ、肌の潤いを保つだけでは、なんとなく十分ではない気がしませんか?

何故、ここまで『保湿』をポイントとするのでしょうか?

そもそも保湿とは?

保湿とは、肌の中に必要な水分が適量で保たれている状態を指します。
適量である事が大切になってきますから、ただ水分を与えれば良いというわけではありません。また、肌に水分があるだけでは外部へ逃げていくだけですから、この状態も十分保湿出来ていないと言うことになります。
つまり、適量の水分が肌に保たれた状態であると言う条件が揃ってはじめて保湿できていると言える事になります。そう考えるとスキンケア商品で、化粧水で水分を補給し、乳液や保湿クリームで水分の蒸発を防ぐというプロセスがすすめられるのは、より確実な保湿を得る為に必要な過程という事になります。

保湿の重要性とそのメカニズム

肌を保湿する重要性とは一体何なのでしょうか?
では、実際に調べてみると、保湿が果たす役割は肌にとって必要なものばかりだと言うことが分かります。水分が保たれる事で肌環境が良くなるだけでなく、保湿が必要な理由にはいくつかの重要な秘密が隠されているようです。

皮脂などをサポート

通常の肌は、皮脂腺から分泌される脂である皮脂と汗が混じり合ったもので守られています。いわゆる天然のクリームが常に皮膚にある状態なのですが、これによって肌に必要な水分の蒸発を防ぎ、皮膚表面を滑らかにしているのです。また、肌を守るように膜を張っていますから、細菌の侵入・繁殖まで防いでくれます。しかし、常に一定と言うわけでもなく、紫外線、空気の乾燥などの外部の刺激や、ストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れによる内部の刺激によって分泌量が減少、または逆に増えてしまう事があります。
そして、時間の経過と共に酸化・変質は避けられませんから、どこかで肌荒れを招いてしまう事態になる事もあり得るのです。
そこで、保湿がきちんと行われていると膜となって肌をカバーし、皮脂の代わりとなって肌の保護、水分の蒸発も防いでくれます。

美肌に一役!


保湿は美しい肌を希望する人にとって大切な要素になります。
きちんと潤いの保たれた肌はシミの原因にもなる紫外線の吸収を抑え、乾燥によって起こるニキビなどの肌トラブルを予防してくれます。また、肌が乾燥したままの状態だと、いくら美白に良いスキンケアを行っていても、肌をダメージから守ろうと角質が厚くなってしまい、せっかくの成分も浸透していきません。つまり、保湿がきちんと行われている状態の肌は、それだけ浸透率も高いと言うことです。紫外線の吸収を抑えると言うことはシミ対策にも一役買いますし、何より透明感のある肌を持っている人は美白の前に保湿を重要視しているともいいます。
綺麗な肌を維持する為には、保湿は欠かせない存在と言えるでしょう。

健やかな肌に

保湿は肌が正常なターンオーバー(新陳代謝)を行う上で、有効的なものです。
肌は絶えずターンオーバーを繰り返すことで生まれ変わり、健康を保っています。いらない老廃物も排除しているからなのですが、これが乱れたり遅れてしまうと古い角質が肌の表面に積み重なり、黒ずんで見えてしまうのです。また、肌環境が最悪になってしまいますからトラブルも起こしやすくなります。
保湿ができていると、角質と角質の間をセラミドなどの保湿成分がしっかりと隙間を塞いで、バリア機能を働かせるサポートをしてくれます。その結果、ターンオーバーのサイクルを正常に戻し、肌を健康に保つことに繋がるのです。
これにより、肌トラブルとは無縁の状態を作ることができます。

※効果のない保湿に注意

保湿の重要性から見ても分かるように、水分だけでなく、皮脂のように水分を保持する油分も必要になってきます。
この油分を誤解している為に、厄介者として認識されがちですが保湿には省くことはできない欠かせないものです。
皮脂の量によっては肌トラブルを引き起こしかねませんから、避けてしまう人も多いようですが、保湿はただ肌に水分を与えれば良いというわけではないと言うことになります。
化粧水を闇雲に使用してスキンケアを終わりにする人も中にはいるようですが、それでは水分は外へ逃げていくだけですし、それどころか、肌に元々あった水分まで一緒に出ていく過乾燥の状態になってしまうのです。
水分と同様に、油分を多く使用するのも逆効果です。
油の性質上、滑らかになって勘違いしやすいですが、油分はあくまで水分を保つ事が主な役割の為、たくさん塗ったところで水分は戻ってきません。
どちらか一方を多めに使用しても、効果的な保湿は望めない事を覚えておきましょう。

まとめ

言葉だけで理解してしまうと、状態を誤解しやすい保湿ですが、乾燥肌や敏感肌、オイリー肌とその他の肌の状態によっても保湿の方法は変わってきます。
誰もが、同じ方法で保湿の効果を望めるわけでもない事を注意しておきたいところです。
しかし、保湿できている事によって肌が健康で綺麗になるという事ははっきりしていますから、保湿が持つ重要性をよく理解し、自分に合った方法で肌の保湿力を高めていきましょう。