せっかくのお肌が日に焼けて痛い・・・

開放感溢れる夏の代償・・・『日焼け』

そんな日焼け後のアフターケアの方法をお教えします!

冷やす&保湿

①まず冷やす

日焼けは火傷の一種と考えられているため、まずは皮膚を冷やし、ほてりを鎮めることが大切です。
水などで冷やしましょう。このとき、皮膚をこすったり叩いたりして、皮膚に負担をかけないように気をつけましょう。

②保湿・カバー

※次より、日焼けの状態によって対応が異なります。

◉我慢できないほてりがある場合
我慢できないほどほてりがある場合は、医師の診察を受けましょう。水ぶくれができた場合や、吐き気や頭痛がある場合も同様、必ず病院へ行ってください。

◉ヒリヒリする場合
ヒリヒリとしたほてりがある場合は、化粧水などがしみることがあるので、軟膏を塗ってあげましょう。

◉ほてりはない場合

ほてりはないけれど思いっきり日焼けしてしまったという場合は、化粧水でたっぷり水分補給をしたあと、乳液(クリーム)で肌を保護をします。
日焼けした肌は水分不足なので、顔も身体も、いつもより多めに化粧水をつけるようにしましょう。

Point.1 化粧水は手でたっぷりつける

化粧水をつけるときは、コットンは使わずに手のひらでつけることをオススメします!普段であれば手でもコットンでもお好きな方で良いのですが、日焼けした肌はデリケートな状態なので、手のひらでやさしい力加減でなじませる方が摩擦が起きにくく、負担になりにくいためです。

Point.2 日焼けしそうな日は化粧水を冷蔵庫で冷やしておく。

1日中外出したり海に行く予定がある場合は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくことをオススメします!肌への水分補給と同時に再度冷やすケアをすることができます。

Point.3

化粧水がしみた場合は無理につけない
化粧水を塗ったらヒリヒリしてしまったいう場合は、無理に化粧水を使わず軟膏でのケアに切り替えましょう。

2.水を多めに飲む

日焼け直後は意識してこまめに水分補給をしましょう。
身体に水分が足りていない状態なので、スキンケアで外側から水分を与えることに加えて、水分補給で内側からも補うことが大切です。

3.早く寝る

思いっきり日焼けをしたときは、皮膚だけでなく体全体がデリケートな状態だと言われています。ケアを終えたらできるだけ早めに寝るようにしましょう。

日焼け翌日から気をつけたいアフターケア

赤みやほてりが引いたからといってケアを怠ることはオススメできません。上でお伝えした保湿に加えて、他にも意識してほしい2つのポイントをお伝えします。

○新たな日焼けをしない!!

日焼けした肌はとてもデリケートな状態なので、できるだけ新たな日焼けをしないように気をつけましょう。
日焼け止めを塗ることも大事ではありますが、肌を直接日光に当てないようにすることが何より大切です。
外出時は上着をはおり、帽子や日傘を使って肌を隠すようにしてください。

○食事から栄養を摂る

栄養のある食べ物をバランスよく積極的に摂りましょう。
特におすすめなのが、たんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンです。

■たんぱく質

たんぱく質はすこやかな肌のために欠かせない栄養素です。
【たんぱく質の多い食材】
肉・乳製品・魚・卵・大豆

■亜鉛

亜鉛は必須ミネラルの一種です。
【亜鉛の多い食材】
牡蠣・のり・しじみ・肉・納豆

■ビタミンC

ビタミンCは、特に亜鉛と一緒に摂ることをおすすめします。
【ビタミンCの多い食品】
ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ

日焼けをしないための3つのポイント

同じことを繰り返さないために、また、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐために、これからお伝えする3点を意識しましょう。

1.日焼け止めは適量をつける

日焼け止めの量が少なすぎると、ムラになって塗れていない箇所が出てくることがあるので、必ず使用目安量を確認しましょう。大体、顔の場合500円玉サイズが適量と言われています

この量を一度に塗るのは難しいので、半分の量を2回に分けて重ね付けするときれいに塗ることができます。

2.日焼け止めは必ず塗り直す

外にいる場合は、日焼け止めを2~3時間置きに塗り直すことをおすすめします。
最初にきちんと適量をつけていても、汗や皮脂などと一緒に落ちている場合があるためです。
また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めであっても、完全に水をはじくということではないので、必ず塗り直しをすることをおすすめします。

ランチで少しだけ外出する、または塗り直しをする時間はない…という方は、出かける前にフェイスパウダーを重ねるのがおすすめです。

3.美白化粧品を取り入れる

シミ・そばかすを防ぐために、日々のスキンケアに美白化粧品を取り入れていきましょう。
夏だけでなく1年を通して取り入れることが、日焼けによるシミを防ぐためのポイントです。

いかがでしたでしょうか?

夏を最大限に遊ぶためにも、

身体のケアもお忘れなく☆