プラセンタってよく聞くけどなに?

プラセンタとは胎盤のことです。たった一つの受精卵が胎児へと成長するのは胎盤のおかげです。プラセンタは動物の胎盤から抽出されます。
人間の胎盤から抽出されているプラセンタは、ヒト由来のプラセンタとして医療薬で使われています。 プラセンタの効果は非常に高く、医療薬として、また医療用の注射として更年期障害や乳汁分泌不全、肝臓病の治療にとても役立ちます。

胎盤は胎児に送る栄養素の供給元として豊富なアミノ酸に加えて、成長因子(グロースファクター)が含まれており、また免疫機能も併せ持つため万能の臓器と呼ばれています。
胎盤は古代ギリシャのヒポクラテスや始皇帝の時代から不老長寿の薬として服用されてきました。動物が出産後に胎盤を食べて体力を取り戻そうとするのは有名な話ですね。

プラセンタの成分は?

母体と胎児を繋ぐ重要な器官である胎盤には、生命の源となるアミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、生理活性成分であるビタミン・ミネラル・核酸・酵素など胎児の生育に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

アミノ酸は身体の細胞をつくる原料となり、タンパク質・脂質・糖質は身体をつくる重要な栄養源です。そしてビタミン・ミネラルには、身体の機能を正常に保つ役割があります。

また、核酸は遺伝子の修復や新陳代謝の調整などエイジングケアに作用する栄養素として知られ、酵素は免疫力アップに欠かせないものとなっています。

他にも抗酸化力を向上させる活性ペプチド、細胞と細胞を繋いで健康な肌をつくるムコ多糖体(ヒアルロン酸など)、細胞の新陳代謝を促す成長因子が含まれるなど、まさにプラセンタ(胎盤エキス)は栄養の宝庫と言えるのです。

人間以外の哺乳類は出産後に自分の胎盤を食べてしまいますが、これは血液の臭いを消す目的のほか、「栄養の宝庫」である胎盤を摂ることで体力の回復を促しているとも考えられています。

人間の世界でも、プラセンタに含まれる豊富な成分が傷や炎症の自然治癒力を促進することは古くから知られており、古代ギリシャの医師・ヒポクラテスが治療に用いたという説もあります。

日本では、1950年代から医療機関にて肝硬変・更年期障害・乳汁分泌不全などの治療にプラセンタ薬が使用されるようになりました。最近ではエイジングケアブームもあり、プラセンタの美容効果が特に注目を集めています。

プラセンタの主な効果

○自律神経、ホルモンバランスを 調整する
○組織修復作用がある
○病気への抵抗力を高める
○抗アレルギー作用がある
○抗炎症作用がある
○代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる
○肝臓の働きを高める
○活性酸素を除去する
このような効果・効能により、

アンチエイジングや美肌効果などの美容面、免疫力アップなどの健康面、また男性にとっては嬉しい発毛効果まであり医療機関のみならず美容業界や育毛など幅広く使われる存在なのです。

プラセンタ・・・

計り知れませんね♡