ゴマはもっとも古くから使われてきた植物のひとつ

胡麻は東インドが原産です。そこから中国、インド、アフリカ、南アメリカを中心に、世界の様々な場所で栽培されるようになりました。数千年の歴史のあるインドの伝統療法でも使用されている植物です。

○とても安定性のあるごま油

ごま油には、セサモリンという成分から形成される、セサモールとセサモリノールが持つ天然の抗酸化作用が非常に強いため、とても安定しています。最高級品のごま油は、一回の低温圧搾で作られます。
逆に安価なものは、高温圧搾の後に精製され、漂白されることもあります。

ごま油の効果効能

抗酸化作用、保湿作用、湿疹の改善、乾癬の改善、リウマチの改善、皮膚トラブルの改善、消炎作用など

抗酸化作用が高い若がえりのオイル
〜アンチエイジング〜

ごま油は、抗酸化成分である、リグナン・セサミン・セサモリン・セサモール・セサモリノール・ビタミンEを多く含みます。肌に使用すると毛細血管を通じ体内に吸収されます。そして新陳代謝がよくなり、細胞の酸化=老化を防止します。そのため、成熟肌には効果的な若返りのオイルになります。

髪や頭皮の悩みに

ごま油は髪の毛の悩みにもいいと言われています。抜け毛や白髪の原因は老化や毛穴の汚れ、皮脂などが原因です。ごま油の抗酸化作用は頭皮の老化を防ぎます。また、マッサージは毛穴を綺麗にしてくれ、皮脂の分泌のバランスを調整してくれます。それは抜け毛や白髪のほかにも、フケや薄毛、髪の毛のハリのなさなどにも効果的です。

デトックス作用

ごま油の抗酸化作用は、デトックスにもつながります。抗酸化作用は、体の新陳代謝を活発にさせます。それは細胞の生まれ変わりの循環を正常に保ちます。皮膚に使用すると、皮膚のターンオーバーが早まります。

紫外線から皮膚を守り、炎症を抑える

紫外線から皮膚を守り、日焼けなどのの軽度の炎症を鎮静します。

爪を強くする

爪の強化にも効果的と言われています。ネイル用のオイルに混ぜて使用します。

表皮を再生

肌への浸透力がとても高く、表皮の再生に貢献します。肌を柔らかくする作用もあります。

ごま油の健康法・美容法

ごま油でうがい

ごま油のうがいは、アーユルヴェーダでも行われている健康法です。大さじ1杯ほどの太白ごま油を口に含み、うがいをします。その際に、ごま油が口の中の隅々にいきわたるようにします。その後ティッシュに吐き出します。口の中は栄養分の吸収率が良いので、このうがいによって、ごま油の栄養分が吸収されます。アーユルヴェーダでは、白髪やほうれい線などの老化を予防したり、口臭を予防すると言われています。

ごま油で顔とボディーのマッサージ

ごま油はマッサージに最適です。アーユルヴェーダのマッサージの代表的なオイルでもあります。マッサージをする時は、適量を手に取り、顔やボディーにマッサージをします。保湿をし、皮膚を再生、紫外線から守ってくれます。
驚くほどの健康、美容効果があるセサミオイル!
みなさんも、是非セサミオイルでスキンケアを楽しんでくださいね(^^)こ